掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC2017】日本と同グループのキューバを徹底解剖!

第4回WBCの開幕戦となる3月7日に日本代表がキューバ代表と対戦する。情報の少ないキューバ代表の選出選手からチーム構成を探ってみたい。

キューバリーグ所属選手が中心

まずは、キューバ代表のメンバーを確認したい。

キューバは亡命した選手を招集しない方針を取っておりアロルディス・チャップマン(ヤンキース)、ヨエニス・セスペデス(メッツ)、ホセ・アブレウ(ホワイトソックス)など過去のWBCに出場したメジャーリーガーは未招集となっている。

代表チームの中心となるのは、ソフトバンクに入団の決まったデスパイネを除いてキューバリーグでプレーしている選手たちだ。日本に馴染みのある選手では元巨人のフレデリク・セペダが最年長野手として選出。昨シーズンは、キューバリーグで39試合の出場ながら打率.373、OPS1.044の成績を残している。代表ではデスパイネと並び主軸を打つことになりそうだ。

【WBCキューバ代表】
<投手>
フレディ・アルバレス
ブラディミール・バノス
ラザロ・ブランコ
ノエルビス・エンテンサ
ホセ・アンヘル・ガルシア
ブラディミール・ガルシア
ミゲル・ラエラ
レアンドロ・マルティネス
ライデル・マルティネス
リバン・モイネロ
アライン・サンチェス
ヨスバニ・トーレス
ヨアンニ・イエラ

<捕手>
ヨスバニ・アラルコン
フランク・モレホン
オスバルド・バスケス

<内野手>
ギジェルモ・アビレス
アレクサンデル・アヤラ
カルロス・ベニテス
ジェファーソン・デルガド
ユリスベス・グラシアル
ヨルダン・マンドゥレイ
ウィリアム・サーベドラ

<外野手>
フレデリク・セペダ
ヨアルキス・セスペデス
アルフレッド・デスパイネ
ビクトル・メサ
ロエル・サントス

キーワード

新着記事