掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNA・石田が実戦初登板 ラミレス監督「心配していない」

20日、DeNAの開幕投手に内定している石田健大が、宜野湾市立野球場で行われた韓国・KIAとの練習試合に先発し、2回2失点だった。

これまで身体のバランスが崩れていることを理由に実戦登板は避けてきたため、石田にとってはこれがこの春初登板となった。しかし、2回に3者連続二塁打を浴びるなど、本調子と言える内容ではなかった。石田も「良かったとは言えない」と口にするなど、満足はしていないようだ。

それでもアレックス・ラミレス監督は「自分のペースで仕上げてくれればいい。全く心配はしていない」と全幅の信頼を寄せる。

DeNAは2008年から毎年違う投手が開幕投手で登板している。石田はそのジンクスを打ち破り、「ハマのエース」となることができるか。

全員当たり?!DeNAの熾烈な外国人枠争い!

キーワード

新着記事