掲載日: 文章:Clipee運営局

攻守に渡って存在感ロイヤルズの主砲・エリック・ホズマー【海の向こうの凄いやつ】

ロイヤルズのフランチャイズプレーヤー候補でもあるエリック・ホズマー。WBCにも2大会連続で出場予定となっている。

名前:エリック・ホズマー(Eric Hosmer)
国籍:アメリカ
生年月日:1989年10月24日
守備:内野手
投打:左投左打
所属:ロイヤルズ
年俸:1,225万ドル(2017年)
2016年成績:158試合/打率.266/25本/104打点
通算成績:886試合/打率.277/102本/472打点
※2016年終了時点

2008年のドラフトで1巡目(全体3位)にロイヤルズから指名されたホズマー。2011年にメジャーデビューすると128試合に出場し打率.293、19本塁打、78打点の成績を残し新人王投票で3位に入った。この年のアメリカンリーグ新人王は13勝を挙げたジェレミー・ヘリクソン(レイズ)だ。

以降、ロイヤルズの一塁手として固定されチームを引っ張っている。一塁守備にも定評があり2013年から3年連続でゴールドグラブ賞を獲得。ロイヤルズに無くてはならない存在にまで成長した。

2014年のポストシーズンでは神がかり的な活躍をみせたがチャンピオンにまであと一歩届かず。翌2015年はワールドチャンピオンになったものの、ポストシーズンでは思うような成績を残せなかった。

昨シーズンは初めてオールスターゲームにも出場。ジョニー・クエト(ジャイアンツ)から本塁打も放ちMVPにも輝いた。シーズンではキャリアハイとなる25本塁打、104打点をマークする一方で三振数は増加。出塁率、OPSも下がってしまった。

今シーズン終了後にFAとなり去就が注目される。

新着記事