掲載日: 文章:Clipee運営局

健大高崎のポイントゲッター安里樹羅【Players report】

「機動破壊」がウリである健大高崎。今年のチームは1,2番が走り回り3番がしっかりと返す。そんなチームに仕上がっている。そのポイントゲッターを務めるのが安里樹羅だ。

氏名:安里樹羅(あさとじゅら)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:健大高崎
出身:北谷ボーイズ

沖縄の強豪である北谷ボーイズから健大高崎へ進学。北谷ボーイズ時代は神村月光(滋賀学園)、健大高崎でもチームメートとなる渡口大成らとジャイアンツカップにも出場している。

新チームになってからの活躍ぶりはめざましい。64試合で打率.369、10本塁打、105打点。3番打者としてチームの期待に答えている。105打点はチームトップの数字だ。これは1番、2番を務める湯浅大、小野寺大樹の出塁率の高さ、そして「機動破壊」による盗塁の多さから生まれている。174センチと小柄だがパンチ力はあり脚も速い。湯浅、小野寺が60盗塁以上していることもあり目立たないが安里も23糖類をマークしている。二塁守備も悪くなく公式戦6試合で失策は0。まさに、打って守って走れる二塁手だ。

選抜では北谷ボーイズ時代のチームメートでもある神村がエースの滋賀学園も出場している。かつてのチームメート同士の対戦あるだろうか。注目したい。

こちらの記事も読まれています

新着記事