掲載日: 文章:Clipee運営局

東北福祉大がロサンゼルス合宿へ出発 大塚光二監督「競争してもらう」

20日、仙台六大学の強豪である東北福祉大学がロサンゼルス合宿へ出発した。元西武の大塚光二監督は「競争してもらう」と意気込みを語っている。

昨年の秋季リーグでは仙台大にリーグ三連覇を阻まれた東北福祉大。ドラフトで長坂拳弥が阪神に指名され、4番打者として活躍した井澤凌一朗が日本新薬へと進み戦力の立て直しが必要だ。
そのなかで、今年の軸になりそうなのはドラフト候補でもある楠本泰史だろう。3年生ながら昨年日本代表も選ばれ日米大学野球選手権にも出場。京田陽太(中日)、吉川尚輝(巨人)らとともに戦った。打率.200(15打数3安打)と結果を出すことはできなかったが、大きな経験になった。

今年は最上級生としてロサンゼルス合宿からチームを引っ張っていく。

青山学院大のヒットメーカー・西村大樹【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事