レンジャーズ・ダルビッシュがフリー打撃に登板 今季からスプリット解禁

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:GettyImages

20日(日本時間21日)、レンジャーズのダルビッシュ有が今キャンプ初めてフリー打撃に登板した。

マイナーの打者延べ6人を相手に32球を投げ、安打性の当たりはなかった。直球、カーブ、スプリットなどの球種を交えて打者を圧倒した。威力のある直球で打者のバットを折る場面もあり、上々の仕上がりを見せた。
2015年にトミー・ジョン手術をして以来、スプリットは封印してきたが「低めのいい所から落ちていたので自身になった。」と、解禁に向け手応えを感じているようだ。「ヒジに負荷がかかる」とスプリットを投げることを禁止していたブロケイル投手コーチも「安心している」と太鼓判を押している。

また、25日(26日)のロイヤルズとのオープン戦に先発予定であることも明かされた。
復帰2年目となる今季、「魔球」を解禁したエースがどのような投球を見せてくれるのかに注目したい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事