掲載日: 文章:Clipee運営局

強すぎる!ホークスの正捕手を狙う甲斐拓也が強肩すぎる

V奪還を目指すソフトバンクの正捕手を狙う甲斐拓也の肩がやばすぎる!

1週間ほど前の2月15日のホークスキャンプでのシート打撃は、松阪大輔や注目のルーキー田中正義など登板した。人気選手で実力派がどんどん登場した為、野手への注目は高くなかった中、田中正義とバッテリーを組んだ拓也の守備には驚かされた。

まずはバッター釜元、1塁ランナーが本多のケースで田中が投じた低めに外れるボール球の際に、素早く一塁へのけん制でアウトととる。

本多アウト
※動画の3:30~

続くバッター曽根でセカンドランナーが松田のケースで、曽根が空振りした投球でセカンドへけん制。
見事に松田を刺し、強肩ぶりをアピールした。

※動画の4:00~

細川のFA移籍もあり、ますます最重要課題となっているホークスの守備の要に拓哉が猛アピールしている。

ソフトバンク・田中正義が紅白戦初登板 2回1失点最速152キロ

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事