掲載日: 文章:Clipee運営局

高校日本代表コーチに米沢氏、東氏が専任 昨年のアジア選手権と同じ顔ぶれ

22日、日本高野連は理事会を開き9月にカナダのサンダーベイで行われるU-18W杯に出場する高校日本代表のコーチに関東一の米沢貴光監督と敦賀気比の東哲平監督を専任した。

代表監督には元拓大紅陵監督の小枝守氏、ヘッドコーチは元中京大中京監督である大藤敏行氏が務める。

昨年8月に行われたU-18アジア選手権とメンバーは同じとなった。一年前と同様に優勝に期待がかかる。

清宮幸太郎(早稲田実業)、安田尚憲(履正社)らが中心メンバーとなることが予想される高校日本代表。春の選抜の結果を見て第1次候補選手は6月中旬に発表予定となる。

WBCでトップチームが日本一になり高校日本代表も9月に続くことを期待したい。

富山・高岡商ナインが富山県知事を表敬訪問 土合主将「頂点を取る」

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事