掲載日: 文章:Clipee運営局

立教大がオープン戦開始・プロ注目の笠松が2点適時打

23日、東京六大学野球連盟に所属する立教大学が春季リーグに向けてオープン戦を開始した。

この日は社会人野球の強豪・明治安田生命と試合を行いプロ注目の笠松悠哉が代打2点適時打を放つなど8-5で逆転勝ち。笠松は「思い切り振ったらいいところに打球がいってくれた。今後のキャンプも頑張りたい」と語り順調なスタートを切ったことに満足そうだった。笠松は大阪桐蔭出身で藤浪晋太郎の一学年下ではあるがレギュラーとして全国制覇を経験しており大学でも頂点を目指す。

昨秋のリーグ戦では澤田圭佑(オリックス)、田村伊知郎(西武)、田中和基(楽天)と3人がドラフト指名されるなどの戦力を誇り上位進出を期待されながらも4位に終わった立教。今シーズンに賭ける思いは強いはずだ。

国士舘大・椎野が魅せた!オープン戦で今季初登板

こちらの記事も読まれています

新着記事