掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・雄平が実戦初打席でアーチ「いったかなという感じあった」

23日、浦添市民球場で行われた楽天との練習試合で、雄平が実戦初打席でバックスクリーン左をホームランを放った。

三番右翼で先発出場したこの日、初回の打席でいきなりの一発。「風はあったけど、いったかなという感じはあった」と雄平。この春季キャンプでは下半身の張りのために一部別メニューになるなど調整が遅れていたが、前日には「完全に大丈夫」と語ってい通り、自らのバットで不安を一掃した。

「いろんなものがかみ合った。2打席で判断したくないのでこれからもしっかり練習していきたい」と話しており、ここから徐々に調子を上げていく。

成瀬善久や川端慎吾などケガ人続出のヤクルトに頼りになる選手が帰ってきた。

オーレンドルフが好投! ブキャナン・ギルメットもイケる

キーワード

新着記事