掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNAの新外国人投手が躍動 ラミレス監督「全員が良い仕事」

宜野湾市立野球場で行われたWBC韓国代表との練習試合(22日)で、DeNAの新外国人投手のフィル・クライン 、ジョー・ウィーランド、スペンサー・パットンが好投した。

先発したクラインは2回に死球と本塁打で2点こそ失ったものの、大きく崩れはせず、及第点の投球だった。

クラインからバトンを受け四回から登板したウィーランドの投球は圧巻だった。四回から六回までの3回を9人で片づける完全投球。最速147キロの直球と多彩な変化球をコーナーに集めて韓国打線を封じ込めた。「自分の球が通用すると確認できた」と話し、自信を深めたようだ。9回に登板したスペンサー・パットンは1回を三者凡退に抑え、危なげなかった。

ラミレス監督は「全員が良い仕事をしてくれた」と話すなど、外国人選手の競争の激化に満足しているようだ。

DeNA・筒香がキャンプ打ち上げ「順調に終わりました」

キーワード

新着記事