掲載日: 文章:Clipee運営局

シニア日本代表主将から作新学院の主将へ!添田真聖【Players report】

昨夏の甲子園では今井達也(西武)の快投で見事に優勝を成し遂げた作新学院。夏春連覇を目指しチームを引っ張るのは主将である添田真聖だ。

氏名:添田真聖(そえだまさと)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:作新学院高校
出身:栃木下野シニア

2014年のリトルシニア全米選手権大会に日本代表として選ばれ主将も任された添田。日本代表では福永奨(横浜高)ともプレー。福永らとベストナインに輝く活躍をし日本代表を優勝に導いた。その後、兄であり2014年、2015年と夏の甲子園に出場した添田真海と同じ作新学院に進学。

昨夏の甲子園では2年生ながら鈴木萌人とともにベンチ入り。途中出場のみではあるが甲子園でも出番はあり大舞台を経験している。

新チームになってからは中学時代同様に主将を任され2番二塁で1番中堅の鈴木とともにチームを牽引。新チーム結成後は打率.376とチーム2位の打率と結果を残している。170センチ、67キロと小柄ではあるが鋭いスイングから二塁打5本、三塁打6本と長打を放つパンチ力もあり攻撃的な2番打者として相手チームの脅威となるはずだ。

決して大ぶりはせず、コンパクトなスイングは兄である添田真海にどことなく似ている。兄が果たせなかった甲子園制覇を主将として弟が成し遂げることに期待したい。

こちらの記事も読まれています

新着記事