掲載日: 文章:Clipee運営局

阪神・藤浪がブルペン入り 同郷の巨人・小林とコンビ

24日、阪神の藤浪晋太郎が、侍ジャパンの強化合宿でブルペン入りし、直球に加えカットボールやフォークなど変化球を交え約50球を投げた。

WBC公式球は、日本の統一球と比べて大きさや縫い目の高さ、滑り具合が異なり、多くの投手が苦戦している。この日のブルペンでは侍ジャパンの権藤博投手コーチが試合を想定して、投球中に何度も新球と交換するなどして対策していた。

藤浪は「滑る意識はまだありますが、少しずつ慣れていきます。しっかり扱えるようにしたい」と説明。

また、この日は同郷で大阪泉北ボーイズの先輩でもある巨人の小林誠司とコンビを組んだ。小林は「一番いい球を投げてもらえるようにしていきたい」と後輩を気遣った。

同郷の先輩の力を借り、虎のエースが世界でどのような投球を見せてくれるのか注目だ。

【WBC2017】日本と同グループの中国を徹底解剖!

キーワード

新着記事