掲載日: 文章:Clipee運営局

広島・野村がオープン戦登板 3回1安打無失点

25日、広島の野村祐輔が中日オープン戦の初戦(北谷)に先発し、3回を投げて1安打無失点に抑えた。

初回、中日の先頭大島洋平に安打を許すなど一死一二塁のピンチを迎えたが、後続を切って勢いに乗ると、2回と3回はカーブやスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を投げ込み、3人ずつで抑え、無失点で登板を終えた。

「初めての実戦でこわごわ投げていたが、2回からはある程度投げられた。一つ一つ階段を上がっていきたい」と語り、順調な滑り出しを見せた。

昨年、セ・リーグ最多勝に輝き、広島の25年振りの優勝に貢献した野村。今シーズンも投手陣の柱としての活躍が期待される右腕が、日本一奪取に向けて良いスタートを切った。

【広島】丸が実戦復帰に先制アーチで復活アピール

新着記事