掲載日: 文章:Clipee運営局

明大・市岡がデビュー戦で好投「春のリーグ戦から投げたい」

26日、昨秋の東京六大学野球覇者の明大が、東京新大学リーグの東京国際大学とオープン戦を行い、期待のルーキー市岡奏馬が好投した。

昨春、春の選抜で龍谷大平安をベスト4に導いた市岡はこの日、1点リードの8回から3番手として登板。先頭から二者連続三振に斬り好スタートを切ったかに見えたが、そのあとは「三者連続を意識して力んだ」と語る通り三者連続四球でピンチを招いた。続く打者を抑えて無失点で乗り切る。9回も0点に抑えて無事無失点デビューを飾った。

市岡は「早稲田の早川(木更津総合)や法政の鈴木(常総学院)には負けたくない」と、同い年で同じ左腕のライバルたちの名前を挙げ、大学での活躍を誓った。東京六大学にまた楽しみな選手が現れた。

横浜商大がオープン戦で日大に勝利!渡辺が完投!佐藤に1発!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事