掲載日: 文章:Clipee運営局

巨人・菅野が代表初ブルペン 権藤コーチ「あれだけの球は打てない」

27日、侍ジャパンの強化合宿に参加している巨人の菅野智之が合流後初のブルペン入り。直球やワンシーム、チェンジアップなどを交えて60球を投げ込んだ。

「より実戦を意識してブルペンに入った」という言葉の通り、左右の打席に打者を立たせながらコースを突いた。日本の統一球よりも滑るとされるWBC公式球への対応のため、権藤博投手コーチが時折新しいボールと交換しながらの投球となったが、権藤コーチは「モノが違う。あれだけの球が来たら打てない」と絶賛。

菅野は「やってきたものを試合で出すだけ。あと1週間しかないので今いるメンバーで戦うしかない」と話す。大谷翔平の辞退で揺れた侍ジャパンだったが、この男がいれば心配なさそうだ。

【侍ジャパン】菊池涼介が日本代表でも平常心

キーワード

新着記事