昨シーズン彗星のようにデビューしクローザーまで上り詰めたエドウィン・ディアス(マリナーズ)。その活躍が認められ2017年のWBCプエルトリコ代表にも選ばれた。

名前:エドウィン・ディアス(Edwin Diaz)
国籍:アメリカ(プエルトリコ)
生年月日:1994年3月22日
守備:投手
投打:右投右打
所属:マリナーズ
年俸:53万5,000ドル(2017年)
2016年成績:49試合/0勝4敗18S13H/51.2回/奪三振88/与四球15/防御率2.79
通算成績:49試合/0勝4敗18S13H/51.2回/奪三振88/与四球15/防御率2.79
※2016年終了時点

2012年のドラフトでマリナーズから3巡目(全体49位)で指名されたディアス。1年目こそ中継ぎ起用がほとんどだだったものの、マイナー2年目からは先発として起用され結果を残し2016年に待望のメジャー昇格。

昇格初年度となった昨シーズンは6月9日に中継ぎとしてデビュー。7月からは勝ちパターンでセットアッパーを任され8月からはクローザーに抜擢。異例のスピード出世となった。シーズンを通して45試合に登板し18Sと結果を残しクローザーの座を確かなものとした。

156キロのストレートとスライダーの2球種でほぼ100%の投球割合となり奪三振率は脅威の15.3。今シーズンもマリナーズのクローザーとして期待がかかる。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事