掲載日: 文章:Clipee運営局

移籍先のオリオールズで柱となった・アダム・ジョーンズ【海の向こうの凄いやつ】

2大会連続でWBCアメリカ代表に選出されたアダム・ジョーンズ(オリオールズ)。前回大会は6試合で打率.182(22打数4安打)と絶不調。今大会で雪辱を果たしたい。

名前:アダム・ジョーンズ(Adam Jones)
国籍:アメリカ
守備:外野手
投打:右投右打
所属:マリナーズ→オリオールズ
年俸:1,633万3333ドル
2016年成績:152試合/打率.265/29本/83打点
通算成績:1394試合/打率.265/29本/83打点
※2016年終了時点

2003年のドラフトでマリナーズから1巡目(全体37位)で指名されたジョーンズ。2006年にメジャーデビューを果たすもののマリナーズでは結果を残せず2007年シーズンオフにオリオールズへトレードで移籍。このトレードでジョーンズとともにオリオールズへ移籍したのが4年連続2ケタ勝利をマークしているクリス・ティルマンだ。

マリナーズは投打の柱になる選手を放出しエリック・ベダードを獲得。べダードはマリナーズで結果を残せず大失敗トレードに終わっている。

ジョーンズはオリオールズに移籍後、安定した成績を残すようになり現在は6年連続25本塁打以上を達成中。強打の外野手としてチームを支えている。また、2012年からは3年連続でゴールドグラブ賞も獲得しておりMLBを代表する中堅手となった。

こちらの記事も読まれています

新着記事