【侍ジャパン】先頭打者弾の山田は復調間近!「感覚として良くなてきている」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:Gettyimages

打撃の調子が上がらず苦しんでいた山田哲人(ヤクルト)にようやく復調の兆しが見えてきた。

1日に行われた台湾リーグ選抜との壮行試合で1番二塁としてスタメン出場した山田。初回の第一打席で元DeNAのジョン・カイウェンからレフトスタンドのテラス席へ飛び込む今季第1号本塁打を放った。これで、前日の最終打席から二打席連続安打となった。

以降の打席で安打は生まれなかったものの。相手の好守に阻まれた鋭い当たりもあり打撃は上り調子になっていることは確かだろう。

試合終了後のインタビューでも「感覚として良くなってきている」と語っている。2年連続トリプルスリー男の山田もようやくエンジンがかかってきたようだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事