掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNA・今永がJR東日本戦で9失点「修正していきたい」

1日、DeNAの今永昇太が社会人野球の名門・JR東日本とのプロアマ交流戦(ベイスターズ球場)に登板し、3回2/3で9失点と大乱調だった。

先発の石田健大のあとを受けて5回から登板。すると5回にいきなり4失点。8回にも5点を失いKOされてしまう。今永本人も「収穫は何もない」と険しい顔だった。

2月20日の韓国・KIA線(宜野湾)でも序盤に失点しており「前回も1イニング目に失点した。準備の部分で何かを変えないと。反省しなきゃいけないことが多すぎますが、この時期で良かったと思って、同じことをしないように修正していきたい」と悲壮感を漂わせる。

昨年ルーキーながら8勝を挙げた左腕だが、今年はここまで実戦で結果が出ず苦しんでいる。チームの優勝のためにも、今永の復調が待たれる。

DeNAが日本球界初の試み!「iCube」導入!

新着記事