掲載日: 文章:Clipee運営局

広島・福井が背中の張りから復帰 開幕ローテへアピール

1日、広島の沖縄2次キャンプには背中の張りで別メニュー調整をしていた福井優也の姿があった。

24日のキャッチボール中、背中の張りを訴えてブルペン入りを回避。翌25日にはブルペン入りして約30球の投げ込みを行ったが症状は改善していなかった。26日のヤクルト戦の先発も回避し、別メニュー調整に勤めていた。

そして1日、5日ぶりにキャッチボールを再開し「今日投げた感じは問題ない。ちょっと怖さはあるけど」と話し、慎重な姿勢を見せていた。キャンプを終えた感想としては「最後にできなかったことはあるけど、(順調に)できた。満足しています」と概ね満足しているようだ。

ジョンソン、野村祐輔、岡田明丈に続く先発ローテーションの座を目指し、これからのオープン戦に臨む。

広島がキャンプ打ち上げ 丸が締めの挨拶「100%で」

新着記事