ダルビッシュがシート打撃で被弾するも悲観せず「チェンジアップが良かった」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:GettyImages

レンジャーズのダルビッシュ有がシート打撃に登板した。

オープン戦登板から中3日での登板となったが、マイナー選手相手に2.2回を投げ被安打3、3奪三振、2四球で3失点の内容だった。

ストレート、スライダー、チェンジアップの3球種でシート打撃に挑んだダルビッシュ。2イニングを無失点に抑えたものの3イニング目で2四球から一発を浴び3失点。

しかし、悲観するようなことはなく「チェンジアップが打者の反応、変化ともに良かったと思う。審判もいない状態でアドレナリンゼロでしたのでまぁ良かったと思います。クイックの練習もできた」と前向きなコメント。

トミージョン手術からの本格復帰シーズンに向けて手応えは十分だ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事