阪神と強化試合をおこおなった日本代表の先発は武田翔太(ソフトバンク)。

武田は立ち上がりから連打で失点をする苦しい立ち上がり。2回にも2点を奪われ0-3と日本は3点のビハインド。攻撃陣も沈黙しなかなか点が奪えない。武田の後を受けた牧田和久、平野佳寿、増井浩俊と0に抑え反撃を待つ。

日本が反撃を開始したのは試合終盤の7回表。二死から中田翔(日本ハム)が左翼へ本塁打で1点を返すことに成功。

7回裏は松井裕樹(楽天)が走者を出しながらも無失点に抑えた。8回表に田中広輔(広島)が安打で出塁し秋山翔吾(西武)は死球で続き無死一、二塁のチャンスを作る。青木宣親(アストロズ)は進塁打、菊池涼介(広島)の内野ゴロで1点を返すことに成功。2-3と1点差まで詰め寄った。

しかし、8回裏に秋吉亮(ヤクルト)が糸原健斗に適時二塁打を浴び2-4と再び2点差に。9回はドリスに封じられ日本代表は2-4で阪神に敗れた。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事