掲載日: 文章:Clipee運営局

【OP戦】ヤクルト快勝!ソフトバンクは松坂先発も敗れる

ヤクルト小川泰弘、ソフトバンク松坂大輔の両先発で始まったこの試合。
先制点を奪ったのはヤクルト。1回裏に4番雄平の適時打で1点を先制。しかし、直後の2回表にソフトバンクは鶴岡慎也の犠飛などで2点を奪い逆転に成功。

逆転に成功したソフトバンクだが松坂はピリッとせず3階には大引啓次にソロ本塁打を浴び試合は振り出しに。その後、5回裏には大引の2打席連続本塁打などでヤクルトが大量6点を獲得し試合を決めた。

開幕投手候補の小川は5回2失点、被安打4,6奪三振とまずまずの投球を披露。真中満監督へアピールを行った。また、ルーキーの星知弥も登板し2回を1安打3奪三振で無失点に抑え開幕一軍入りへ大きく前進した。

ソフトバンクは8回、9回に1点ずつ獲得するも及ばず9-4でヤクルトの勝利に終わっている。

大引啓次が大爆発!2打席連発で正遊撃手死守

キーワード

新着記事