掲載日: 文章:Clipee運営局

中日・吉見、浅尾の同級生コンビが復活!

4日、ロッテとのオープン戦を行った中日。先発のマウンドに登ったのは今シーズン復活にかける吉見一起だ。

初回、安打と四球でピンチを作るがベテランらしく落ち着いた投球で鈴木大地を打ち取り無失点で切り抜ける。2回、3回も危なげない投球で3回を40球でまとめ無失点、被安打2、奪三振1、与四球1の投球。ロッテ先発のルーキー佐々木千隼に貫禄の投球を見せつけた。

また、8回のマウンドに登ったのは吉見と同級生になる浅尾拓也。昨シーズンはプロ入り以降初めて一軍登板がなかった浅尾だが三者凡退に打ち取り復活を印象づけた。最速は141キロと本調子には至っていないが、今シーズンの中継ぎとして計算できそうな内容だった。

常勝中日を知る2人のベテランの復活が上位浮上の鍵となりそうだ。

中日・ロンドンいきなり159キロ!球団最速!

新着記事