ドジャース・前田は2回2失点「悪くなかった」

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

ドジャースの前田健太がカブスとのオープン戦に登板した。

初回に味方の失策、四球でピンチを招くが無失点に切り抜けた。しかし、2回に連打と失策がからみ2失点。2回2失点、被安打2、奪三振2、与四球1の内容だった。前田は「悪くはなかった。自分の状態を上げることが大事」とコメントしている

カブスは川崎宗則が途中出場2打数ノーヒット。川崎は「スタメンで使って欲しい。日本を代表する投手と対戦したい。マエケンからホームラン打ってみたい」と語っていたが前田との直接対決はなかった。また、上原浩治は登板していない。

前田は今シーズン2回目のオープン戦登板となったが前回に続き失点。開幕までに状態を上げることができるのか注目が集まる。

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

ナショナル・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事