掲載日: 文章:Clipee運営局

キューバは西武に敗退!チャンスであと一本が出ず!

3月7日に日本との初戦を控えるキューバ代表が最後の練習試合として西武と対戦した。

キューバ打線は初回に安打と四球で二死満塁のチャンスを作るがベニテスが見逃し三振。決定的チャンスを物にすることができなかった。

逆に2回裏に西武のルーキー源田壮亮に適時二塁打を打たれるなど2失点。0-2のビハインドとなる。直後の3回表に2死二、三塁のチャンスを作るがあと一本が出ず無得点。

4カウには四球と連打で3点を失い0-5とビハインドは5点となる。その後、キューバはチャンスらしいチャンスを作ることはできず0-5で西武に敗退。

キューバは日本戦を前にオリックスと3-3の引き分け、この日は西武に0-5の敗戦と不安の残る仕上がりとなった。

WBCオーストラリア代表紹介4:ウィンターリーグの主役達に注目!

キーワード

新着記事