掲載日: 文章:Clipee運営局

ソフトバンクが上林弾で勝利!注目の石川柊太は1回無失点 / OP戦

北九州で行われた ソフトバンクとヤクルトのオープン戦。

ソフトバンクの先発は侍ジャパン相手に好投した東浜巨。東浜は4回3安打、無失点に抑えたものの与四球3と制球に課題を残している。その後を受けた2015年のドラフト2位小澤怜史は1回1失点と結果を残せなかった。

9回には最速153キロ右腕の石川柊太が登板。この日は150キロ超えはなかったもののストレートは149キロをマーク。3者凡退に打ち取り一軍切符へ一歩前進した。

ヤクルトの先発は新外国人投手のオーレンドルフ。4回無失点、3奪三振と無難な投球。夫人の出産で来日は遅れたが心配はなさそうだ。

試合は1-1で迎えた6回裏に上林誠知の3点本塁打で4-1とソフトバンクがリードを広げると8回には代打吉村裕基が適時二塁打で2点を追加。6-1でヤクルトに勝利した。

ソフトバンク・松坂がオープン戦初登板!3回2失点1四球

こちらの記事も読まれています

新着記事