掲載日: 文章:Clipee運営局

【侍ジャパン】セットアッパーは任せろ!松井裕樹が三者連続三振の快投!

WBC本戦前最後の実戦となるオリックスとの強化試合。

先発の藤浪晋太郎(阪神)が自身の失策もあり2点ビハインド。その後、2回表に鈴木誠也(広島)の本塁打で逆転するも4回裏に岡田俊哉が1点を失い3-3のまま試合は終盤戦へ。

試合が膠着状態の中で日本代表5人目の投手としてマウンドに上ったのは松井裕樹(楽天)だ。この実戦5試合で4試合目の登板となる松井だが疲れを感じさせることなく、三者連続で空振り三振を奪う快投。3試合連続で無失点投球を見せた。

本戦でも同点、僅差の緊張感のある場面で登板することが予想される松井。一昨年のプレミア12で味わった悔しさを晴らすべく、WBC本戦でもセットアッパーとしての出番を待つ。

【侍ジャパン】代打秋山が決めた!本戦前最後の試合に勝利!

キーワード

新着記事