掲載日: 文章:Clipee運営局

横浜高校時代は2年からエース!伊藤将司【Players report】

横浜高校で2年時からエースナンバーを背負い甲子園に出場していた伊藤将司。同期がプロに進む中大学野球で揉まれ続けている。

氏名:伊藤将司
守備:投手
投打:左投左打
所属:国際武道大学
出身:横芝中学(軟式)→横浜高校

伊藤は横浜高校時代、浅間大基(日本ハム)、高濱祐仁(日本ハム)らと同学年で2年夏、3年春の甲子園に出場。2年夏の甲子園では2戦目に前橋育英と対戦し同じ2年生エースの高橋光成に投げ負けた。3年春の甲子園では八戸学院光星に敗れ甲子園では実績を残すことができなかった。浅間、高濱ら同級生がプロ志望届を提出する中で伊藤は国際武道大へ進学を選んだ。

国際武道大では1年秋から試合に出場し2年生となった昨年は先発として活躍。春季リーグでは6勝0敗、防御率1.60で最多勝、秋季リーグでも4勝1敗、防御率2.15で新人賞を獲得するなど結果を残している。目を見張る球速はなく140キロ台の前半のストレート、スライダーを中心に組み立てを行っている。ゆったりとしたフォームから投球を行いリリーズポイントはわかりにくい。

現段階で大きな注目を浴びている選手ではないが、今年3年生とドラフトまでは2年ある。球速、球威がアップすれば指名候補となりそうだ。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事