掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC速報】シモンズが適時打で1点を追加!韓国はイ・デホがヒットを放つも無得点のまま / 韓国 対 オランダ

高尺スカイドームで行われているWBCのA組「韓国vsオランダ」は、2回裏シモンズのタイムリーツーベースヒットで1点を追加した。

2回裏、先頭打者のスミス、リカルドが連続空振り三振に沈むが、9番オドュベルが出塁すると1番シモンズがレフトへのタイムリーツーベースで1点を追加し3-0と大きくリードした。
続く2番プロファーは1回裏に2ランホームランの先制点を演出したが、この回はセカンドゴロに終わった。

韓国は2回表、初戦で5打数無安打のイ・デホが2回裏に初のヒットを放つも後が続かず。
3回表にはバンデンハークの投球が乱れ1アウトから2連続フォアボールでチャンスを得るも、2番ソ・ゴンチャンがダブルプレーに倒れオランダはピンチを乗り切った。

【WBC】韓国対オランダの速報はこちら

【WBC速報】プロファーの2ランでオランダが先制!韓国 対 オランダ

キーワード

新着記事