掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC速報】疑惑!? 山田哲人のホームランは二塁打に。日本が1点を勝ち越し

3月7日東京ドームで開催されている第4回ワールドベースボールクラシック。

4回裏に日本が山田哲人のタイムリーで1点を勝ち越したのだが、このプレーには疑惑が出た。
二死二塁でバッターボックスに立った山田の打球はレフトスタンドへ消えたかに思えた。

球場が大盛り上がりする中、審判に止められ山田は2塁でストップ。
山田の打球がフェンスを越えていないということで、審判団が集まり審議を行うといった事態になった。
VTRの結果、確かにレフトスタンドで観戦する少年がフェンス手前でボールをキャッチしており、判定はツーベースに。

場内はどよめきに包まれるも、この山田のツーベースの間にセカンドランナーの松田がホームインし1点を勝ちこした。

【WBC速報】キューバが犠牲フライで同点に追いつく

キーワード

新着記事