掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC速報】オランダ11安打5打点で圧勝!韓国は2連敗で1次ラウンド敗退の危機

3月6日韓国の高尺スカイドームで開幕された第4回ワールドベースボールクラシック。
A組第3試合は世界ランク3位の韓国と世界ランク9位のオランダが対戦した。

試合は序盤から動いた。1回裏オランダは先頭打者のシモンズがヒットで出塁すると、続く2番プロファーがライトへの2ランホームランを放ちオランダが2点を先制した。
さらに2回裏、連続空振り三振の2アウトから9番オドュベルがヒットを放つと、続くシモンズの打席でオドュベルが盗塁を成功させて2アウト3塁のチャンス。シモンズはタイムリーツーベースヒットで更に点を追加した。

序盤から失点が続いた韓国は2回表にイデホが今試合初のヒットを放つも後が続かず。3回表にはバンデンハークが2連続フォアボールで1アウト1,2塁の好機を得るもダブルプレーに倒れた。
その後も追いつきたい韓国だが、先発のバンデンハーク、2番手のマルクウェルをなかなか崩せずに、6回までヒットがわずか4本と打線が繋がらない。

追加点でさらにリードを広げたいオランダは6階裏、2アウトから8番リカルドがヒットを放つと、続く9番オドュベルがレフトへの2ランホームランを放ち5-0と勝ち越し弾を決めた。
大量リードを許した韓国は、その後も反撃を試みるが、7回以降もオランダ投手陣に苦しめられ、無得点のまま9回表を終えてオランダが勝利した。

韓国は2連敗となり、2大会連続1次ラウンド敗退の危機となった。

【関連】WBC2017 1次ラウンド 韓国 対 オランダ

【WBC速報】シモンズが適時打で1点を追加!韓国はイ・デホがヒットを放つも無得点のまま / 韓国 対 オランダ

キーワード

新着記事