【MLB】ダルビッシュがOP戦2度目の登板 スライダーにキレ

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局
  • 写真:GettyImages

ダルビッシュ有(レンジャーズ)がロッキーズとのオープン戦で2度目の登板を行った。

初回、先頭のブラックモンをスライダーで三球三振に打ち取る最高の立ち上がりだったが、続くカルロス・ゴメスに安打を浴びると二死後に4番トレバー・ストーリーに一発を浴び2点を失った。

2回、3回も走者を出したが後続を打ち取り無失点。4回の先頭打者に四球を出したところでリリーフ陣にマウンドを譲った。

この日のダルビッシュは3回2失点、被安打4、奪三振3、与四球1の内容で59球だった。球数が少し多くなっているがスライダーのキレはよく奪った三振は全てスライダーによる空振り三振だ。開幕まであと1ヶ月を切ったが変化球の調子は上々。

復活のシーズンへ向けてさらに調子を上げていく。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

アメリカン・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事