掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNA・尾仲がOP戦初先発も4回4失点と結果残せず/OP戦

8日、DeNAはほっともっとフィールド神戸でオリックスとOP戦を行い、ドラフト6位ルーキーの尾仲祐哉がプロ入り後初めての先発マウンドに上がったが、4回4失点と結果を残せなかった。

初回、先頭の西野真弘は左飛に打ち取るも、安達了一に粘られて四球を出してしまう。続く吉田正尚の打席でパスボールとワイルドピッチで三塁に進まれ、吉田にも四球。続くロメロに長打を浴びていきなり2失点。

2回、3回は0点に抑えて立ち直ったかに見えたが、4回に落とし穴が待っていた。先頭のT-岡田に安打を許し、若月健矢に犠打を決められると、駿太、足立に適時打を浴びてこの回2失点。

この日は4回を投げて6安打4四死球で4失点とほろ苦い先発デビューとなったが、ここまではリリーフで好成績を残しているだけに、次の登板までに修正していきたいところだ。

DeNA・ウィーランドが開幕ローテ当確か!実戦9イニングで未だ無失点!

新着記事