掲載日: 文章:Clipee運営局

阪神が1点差ゲームをものにしロッテに勝利!秋山5回1失点の好投/OP戦

8日に行われた阪神とロッテのオープン戦。

阪神は初回からロッテ先発の関谷亮太を攻め立て三連打で1点を先制。その後、中谷将大にも適時二塁打が生まれ3-0と序盤から試合を優位に進める。先発の秋山拓巳は失策絡みで5回に1点を失ったものの先発の役目を果たしマウンドを降りた。ロッテ投手陣も初回の失点以降は無失点にしのぎ、味方の反撃を待つ。なかでも、二木康太は4回無失点の好投を見せローテーション争いで一歩前進した。

試合は7回にロッテの井上晴哉が島本浩也からソロ本塁打を放ち2-3と1点差に迫る。

そのまま1点差で迎えた最終回のマウンドに登ったのは藤川球児。四球2つで1死一、二塁のピンチを招くが中村奨悟、柴田講平を打ち取り試合終了。3-2で阪神が1点差ゲームをものにした。

阪神・秋山が5回1失点の好投!開幕ローテーション入りへ前進/OP戦

新着記事