掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルトが9回に3点差を追いつき楽天に同点 / OP戦

8日に行われた楽天とヤクルトのオープン戦。

釜田佳直(楽天)、山中浩史(ヤクルト)の両先発が好投をみせともに5回無失点。試合が動いたのは6回裏だった。ヤクルト2番手の菊沢竜佑が楽天打線に捕まり銀次、島内宏明に適時打を浴び3失点。

3-0のまま試合は終盤に入るが、ヤクルトは8回に茂木栄五郎の失策から1点を返す。しかし、その裏に楽天は銀次の犠飛で4-1とし再び3点差。

9回には巨人から移籍してきた小山雄輝がマウンドに登る。その小山がピリッとせず失策も絡み3失点。4-4の同点のまま試合は9回裏へ。

9回裏に楽天はヤクルトの平井諒から2死三塁のチャンスを作るが、得点には至らず4-4の引き分けで試合は終わっている。

ヤクルト・山中が快投!5回1安打無失点の好投!/OP戦

新着記事