掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC速報】菅野がソロホームランを打たれ侍ジャパンが先制点を許す

異様な緊張感の中開催されている第4回ワールドベースボールクラシック東京ラウンド(一次ラウンド)。
昨夜のキューバ戦に続き8日、オーストラリアを迎え第二戦を戦う侍ジャパン。

侍ジャパンは初回から1番山田哲人・2番菊池涼介と続き、オーストラリア先発アサートンを責め立て、一死死二、三塁のチャンスを作るも筒香嘉智・中田翔と連続で倒れてこの回は得点ならず。

チャンスを先に活かしたのはオーストラリア代表だった!
2回裏、二死から7番のデサンミゲルにライトスタンドへ運ばれ、先制点をオーストラリア代表が奪った。

【WBC】日本対オーストラリアの試合速報はこちら

【WBC速報】運命のオーストラリア戦の先発にエース菅野智之

キーワード

新着記事