掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】坂本・鈴木・松田の執念で侍ジャパンが同点におついく

まさかの先制点を許しスタートした、第4回ワールドベースボールクラシック東京ラウンドの日本対オーストラリアの一戦。

2回に安定したピッチングを披露していた侍ジャパンエースの菅野智之が7番デサンミゲルにソロホームランを打たれ絶対にあげてはいけない先制点をオーストラリアに奪われてしまった。

しかし侍ジャパンは5回表、先頭の坂本勇人が執念のツーベース、続く鈴木誠也が内野安打でチャンスを広げると、昨夜爆発した松田宣浩のレフトへの犠牲フライで1点を返し同点にした。

【WBC】日本対オーストラリアの試合速報はこちら

【WBC速報】菅野がソロホームランを打たれ侍ジャパンが先制点を許す

キーワード

新着記事