掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】岡田俊哉が絶対絶命のピンチを乗り切る 継投ピシャリ

東京ドームで8日に開催されている第4回ワールドベースボールクラシック東京ラウンドの日本対オーストラリア戦。

試合は侍ジャパンエース菅野智之が力投を見せ、最少失点の1点に抑える活躍をみせた。
そんな菅野が登った5回裏のマウンドの際に、侍ジャパンがここまで苦しんできた継投策が成功したのだ。

5回裏、先頭のデサンミゲルを死球で出塁させると、一死一塁からハーマンに内野安打を打たれ一死一二塁のピンチの場面で65球の球数制限の為、菅野がここで降板となった。

この難しい状況で、マウンドに登った岡田俊哉だが、カンディラスに対し四球を与えてしまい一死満塁の絶対絶命のピンチを迎えた。
苦しい大一番で侍ジャパン首脳陣が選んだ選択は岡田の続投だった。

この戦略がピシャリ。岡田はこのピンチで最高の投球を魅せセカンドへの併殺打に抑え無失点で切り抜けた。
若い岡田がこの大舞台のピンチで大きな力を発揮し、継投策を成功させたことは侍ジャパンにとって非常に大きいと言えるだろう。

【WBC 速報】筒香嘉智が連夜のホームランで勝利をたぐりよせる

キーワード

新着記事