掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】中田翔が値千金の勝ち越しソロホームラン

東京ドームで開催されている第4回ワールドベースボールクラシック東京ラウンド。

重くしい均衡した試合についに役者が大仕事をした。
6回終了まで両チームゆずらず1-1の同点で迎えた7回表、先頭打者の中田翔が変わったばかりのオーストラリアのウィリアムズの投じた高めの球を振り抜き、打球はあっという間にレフトスタンドへ運ぶソロホームラン。
ついに日本が1点を勝ち越した。

昨日の試合で周りの選手が打ち続ける中、四球を2つ選ぶという仕事で打ちたいという鬱憤は間違いなく溜まっていただろう。
その鬱憤を晴らしたホームランは侍ジャパンに勇気を与え、球場の雰囲気を一気に明るくした。

さすが役者は違うと感じた一幕だった。

【WBC】日本対オーストラリアの試合速報はこちら

【WBC 速報】菅野智之のエースの貫禄 オーストラリア戦のゲームを作る

キーワード

新着記事