掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】侍ジャパンが中田・筒香の1発でオーストラリアに勝利

3月8日に開催された第4回ワールドベースボールクラシック東京ラウンドの日本対オーストラリア戦。

7日のキューバ戦を勝利し、勢いに乗った形で迎えたオーストラリア戦の先発はエースの菅野智之。
今日の菅野の調子は決して良いというものではなかったがエースとしての役割を果たし1失点でマウンドをおりると、岡田俊哉、千賀滉大、宮西尚生と完璧なリリーフでオーストラリアにチャンスを与えない試合運びとなった。

侍ジャパンの打撃陣は、初回に山田哲人、菊池涼介の連打でいきなりチャンスを作るもここはチャンスを活かせず無得点。
チャンスを活かしたのは5回の表だった。先頭の坂本勇人が執念の2塁打を放つと松田の犠牲フライで1点を奪い試合を振り出しに戻した。
さらに7回には中田翔の待望の1発、8回に4番筒香嘉智の連夜のツーランホームランと終盤にいい形で得点を積み重ねた。

3点リードで迎えた9回裏は、昨日も最終回のマウンドに上がった牧田和久がしっかりと3人で抑え、侍ジャパンが2連勝を飾った。

【WBC 速報】岡田俊哉が絶対絶命のピンチを乗り切る 継投ピシャリ

キーワード

新着記事