掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 侍ジャパン】絶妙なトス 菊池の華麗な二塁守備は世界一

3月8日に行われた第4回ワールドベースボールクラシック東京ラウンドの第2戦で日本代表はオーストラリア代表と対戦した。

オーストラリアに1点先制され嫌なムードで試合が進むが、松田の犠飛で5回表に同点に追いついた日本代表。その裏、菅野は1死一、二塁のピンチの場面で球数制限である65球に達しマウンドを降りた。

2番手としてマウンドに上った岡田俊哉(中日)はワイルドピッチ、四球で一死満塁のピンチを招く。このピンチを救ったのは菊池の守備だった。オーストラリアの2番打者ベレスフォードの放った打球は中途半端なバウンドの二塁への当たり。菊池は捕球後、坂本勇人(巨人)が二塁に入るタイミングを見計らい高めのトス。4-6-3の併殺を完成させ絶対に与えたくない勝ち越し点を防いでくれた。

8回裏にも一、二塁間の安打性の打球を難なく二塁ゴロとして捌いてみせた。

前日のキューバ戦に引き続いて魅せた華麗な菊池の守備。日本投手陣の大きな支えになっていることは間違いない。中国戦以降もどんな守備を魅せてくれるのか楽しみだ。

【WBC 侍ジャパン】千賀の投球が流れを引き込んだ!お化けフォークは健在!

キーワード

新着記事