掲載日: 文章:Clipee運営局

日本ハム加藤貴之が開幕ローテに前進/OP戦

8日、唯一のナイターで行われたソフトバンクと日本ハムのオープン戦。

日本ハムの先発は2年目となる加藤貴之。2回に中村晃に三塁打を浴び、真砂勇介の適時打で1点を失ったもののその後は安定した投球を披露。4回1失点、被安打3、奪三振4、与四球1と結果を残し先発ローテーション入りは一歩前進した。

ソフトバンクの先発は復活を期する攝津正。攝津は4回無失点、被安打4で結果を残した。奪三振はわずかに1個ながらも与四球は0。打たせて取る投球が冴え渡った。ソフトバンク2番手で登板した高橋純平が連続四球からの連打を浴び2失点と結果を残すことができなかった。開幕ローテーション入りは難しくなりそうだ。

試合は2-2で引き分けに終わっている。

【WBC】キューバの主砲・デスパイネ「石川に対抗できる」

こちらの記事も読まれています

新着記事