掲載日: 文章:Clipee運営局

広島ドラ3・床田は4回2失点、九里が4回無失点とアピール成功/OP戦

3月9日にマツダスタジアムで行われた広島と西武のオープン戦で広島はローテーション入りを狙う2人の投手が結果を出した。

先発したのはドラフト3位ルーキーの床田寛樹。2回に失策から走者を許し犠飛で1点を許し、4回には浅村栄斗に本塁打を浴び計2失点の内容。
この4回2失点(自責1)、被安打3、奪三振2、与四球1とまずまずの成績を残しローテーション争いに踏みとどまった。

床田の後を受けてマウンドに登ったのは九里亜蓮だ。九里は4回無安打無失点、奪三振4に抑え順調さをアピール。
毎回三振を奪い与えた四球も1つだけと内容は素晴らしく開幕ローテーションへ大きな一歩となった。

試合は西川龍馬の適時二塁打などで得点を重ね4-2で広島が勝利している。

広島ドラ1・加藤が4回9Kの投球で開幕ローテへ一歩前進/プロアマ交流戦

キーワード

新着記事