掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC速報】イスラエルが9人の継投でオランダ打線を封じる!

3月9日に韓国で行われた第4回ワールドベースボールクラシック1次ラウンドで2次ラウンド進出をすでに決めているイスラエルとオランダが対戦した。試合は4-2でイスラエルがオランダに勝利しプールA1位で2次ラウンド進出を決めている。

この試合で特筆すべきはイスラエルの継投だろう。なんと、イスラエルは9人の継投によってオランダ打線を封じ込めたのだ。

1次ラウンド突破を決めていることもありイスラエルは調整の意味も込め小刻みな継投を披露。先発からマーキー、ケイリシュ、ワグマン、オーラン、ソーントン、カッツ、アクセルロッドと7回まで1人1回を投げきった。

8回のブレイクは失策、四球でピンチを作り一発が出ると同点ということもあり0.1回でゼイドにスイッチ。ゼイドは8回を1失点に食い止め9回も登板。三者凡退に打ち取り9人の継投での勝利を飾っている。

調整登板を終えたイスラエル投手陣は満を持して東京に乗り込んでくる。

【WBC 速報】プライドをかけて初勝利を狙う 台湾対韓国

キーワード

新着記事