掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC速報】巨人・クルーズが2打点! イタリアがソロ弾で1点返すもメキシコがリード / メキシコ 対 イタリア

メキシコで開催されている第4回ワールドベースボールクラシック(プールD)『イタリア 対 メキシコ』は、同点に追いつかれたメキシコが再びリードした。

5回表、イタリアはダシルバからベンディットに投手交代する。
しかし、この交代が裏目にでたのか、先頭打者のキロスにデッドボール、ベルドゥーゴのライトヒットを浴びて0アウト1,2塁のピンチが訪れる。続く日本ハムのレアード、ゴンザレスを抑えるも、楽天のアマダーがレフトヒットで2アウト満塁とすると、続くナバーロが9球まで粘って最後はフォアボールを選び押し出しの1点を与えてしまう。さらにつづく巨人のクルーズがタイムリーツーベースヒットを放ち2点を加えて再び4-7とメキシコがリードした。

再度追いつきたいイタリアは5回裏にビュテラのソロ弾で2点差に詰めより、1アウト3塁の得点チャンスは続いたが、0アウト2アウトから途中交代のヌノが凌いでメキシコが2点差を守っている。

【関連】WBC2017 1次ラウンド イタリア 対 メキシコ

【WBC速報】イタリアがセゲディンの2ランとコラベロのソロ弾で同点に追いつく / イタリア 対 メキシコ

キーワード

新着記事