掲載日: 文章:Clipee運営局

メガネでも野球はできる!陶山勇軌【Players report】

名門・常総学院で2年時からレギュラーを張る陶山勇軌。50メートル6秒0が売りの俊足センターだ。

氏名:陶山勇軌(すやまゆうき)
守備:外野手
投打:右投左打
所属:常総学院高校
出身:東京城南ボーイズ

下級生ながら1番中堅で昨春(2016年)の選抜に出場。開幕カードとなった鹿児島実との一戦でチームは2-6と敗退したものの5打席で3打数1安打、2四球と3度出塁を果たした陶山。メガネを掛けている姿が特徴的な選手だった。2季連続出場となった夏の甲子園でも1回戦から1番中堅で出場。近江戦では5打数4安打3得点と1番打者としての役割を十二分に果たし11−0の大勝を演出し甲子園初勝利をマーク。準々決勝で敗退したものの打率.412(17打数7安打)とチーム最高打率を残している。

秋季茨城県大会では2回戦で敗退し春の選抜出場は叶わなかったが、夏の甲子園に向けてトレーニングに励んでいる。一時期に比べるとメガネを掛けてプレーする選手は増えてきたがそれでも少数派だ。しかし、陶山はコンタクトではなくメガネでプレーする。「メガネでも野球はできるということを勝ち続けて証明したい」と語っており思いは強い。メガネ姿で夏の甲子園に出場することを期待したい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事