掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】小林誠司が豪快なツーランホームラン 代表で感じる成長

第4回ワールドベースボールクラシックで中国代表と戦っている侍ジャパンは初回に田中の好走塁で、2回には3試合連続でスタメンマスクをかぶる9番小林誠司の豪快なツーランホームランで3点をリードしている。

小林は代表に入ってきた時のどこか不安げな感じはなく思い切ったプレーを攻守で見せるようになってきた。
今大会において、バントミスなどで弱点も露呈しているが、それ以上に期待したくなるような成長を見せているのだ。

ラッキーなヒットも含め、小林が打つと侍ジャパンが湧き上がる感じは全試合で感じられ、試合をこなすたびにその能力の高さを示すのだ。
現在戦っている中国戦のホームランはもちろん、守備面でも非常に良い判断で牽制でアウトをとるなど司令塔としても少しずつ信頼性が出てきた。

小林が今大会中にどこまで成長できるかが「V奪還」の鍵になるのかもしれない。

【WBC 速報】田中広輔がいきなり存在感を示した中国戦の初回の攻撃

キーワード

新着記事