掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】初登板で松井裕樹が三者連続三振

東京ドームで開催されている第4回ワールドベースボールクラシックの日本対中国の試合。

6回終了までで5-1と優位に試合を進める中、今大会初出場で最年少の松井裕樹がマウンドに登った。
松井は中国8番のシュ・グイウェン・9番のトゥ・シャオレイ、1番のチュ・フジャと三者連続三振にきってとった。

体全体をつかって投げる松井の直球、キレのある変化球に中国打線は全く合わせることができないことも松井の凄さを感じさせられが、若干21歳の若武者が臆することなく堂々と代表の舞台で投げきるシーンは今後の活躍を期待してしまう。
松井が2次ラウンド・決勝ラウンドで躍動する姿に注目していきたい。

【WBC 速報】先発武田翔太は中国に今大会初の得点を献上 調整に不安か

キーワード

新着記事